変わっていく人間関係について

昼夜逆転の仕事を始めると、これまでの生活がガラリと変わる可能性がある。生活習慣の変化は、人間関係にも影響を及ぼす。昼間に頻繁に会っていた人とは、これまでと同じように会う事ができるとは限らない。そのため、人間関係の変化について意識した上で、夜の仕事を選んだほうがいい。場合によっては、新たな人間関係の構築を考えたほうがいい事も多い。無理にこれまでの関係を引きずるよりは、夜の新生活で仲良くなった人と友達関係を始めた方が無理がない。昼夜逆転の仕事を始めたならば、夜に活動している人たちとの関係を築きやすくなる。同じく夜に仕事をしている人たちとは、生活習慣が同じである事から、これからは頻繁に会うことになる。夜の仕事の世界には、上手くこなすためのノウハウがあって、知っておくと役立つ。夜の新たな知り合いからは、そのようなためになる情報を聞く事ができる。夜の仕事で眠たくなった時の対処法や、睡眠の上手な取り方など、参考になる情報は多い。始めは、夜の仕事に戸惑うこともあるかもしれない。昼間に活動していた頃とは、全く違った風景にであうことになる。しかし、夜の仕事に次第に慣れてくるに従って、その仕事の良さも分かってくる。夜の活動でなじみのある友人や知り合いも増えて、夜の仕事は楽しくなってくる。しかし、健康面でのリスクを考えるならば、夜間勤務は長く続けるべきではない。最初に目標を立て、ここまで稼いだら昼間の生活に戻ろう!と目標決めるべきだ。若いうちはいいが、40才近くになると、ガンや心臓病などをわずらってしまう確率が高くなる。悪まで昼間の生活に戻る前提で働こう。